健康型有料老人ホームについて

健康型有料老人ホームとは、比較的健康な人が支援対象で民間の事業者が運営しています。
介護サービスは行わずに、家事を中心に支援します。
高齢者は家事を代行してもらっている間に、図書室やスポーツジムで有意義な時間を過ごすことができます。

OKWave情報を、皆様へ配信するサイトです。

レクリエーション設備が整っているのが特徴の一つです。
居室や食堂、共同スペースだけでなく、理美容院や医務室、売店などがあります。

居室はトイレや浴室、キッチンが設置されており、様々な広さがあります。
共同スペースでは、カラオケや園芸、フィットネス器具など趣味を存分に楽しむことができます。

有料老人ホームに関する有益な情報をご紹介いたします。

入居する場合、初期費用と月額利用料を払います。


施設によって異なり、初期費用は0~数億円、月額利用料が10~40万円と開きがあります。
健康型有料老人ホームの入居基準は基本的に自立していることです。



ただし、伝染病などの疾患がないことや身元引受人がいるといった独自の基準を設けている場合があります。
自立した高齢者の支援なので、施設スタッフは見守りや食事の提供、洗濯、掃除、緊急時の対応など簡単なサービスを行います。健康型有料老人ホームの多くが近隣の医療機関と提携しているので、定期的な健康診断や治療を受けることができます。しかし健康型有料老人ホームは、施設数が少なく利用料金も高額なので、利用者が限定されます。

また入居してから重度の要介護になった場合、退去して新たな介護施設を探す必要があります。