老人ホームでの楽しい生活

自分は自宅で、もいつまでも生活をしたい、と思っていても子供たちの勧めで老人ホームに入所するというケースがあります。

なぜでしょうか。


それは子供は親にはいつまでも元気でそして長生きしてほしいと思うからです。



高齢になると身体の機能が衰えて転倒しやすくなりますし、物忘れも段々と出てきます。
親子が近くに住んでいたり一緒に生活していれば子供たちも安心しますが、遠くに離れていて、しかも高齢の親が一人で暮らしをしているとなると、毎日親のことが気がかりでたまりません。

それで、子供たちは自分の親を老人ホームに預けることを決意するのです。

では、もし老人ホームに入所することになったらどんな生活が待っているのでしょうか。



それは、老人の気持ちをとても良く理解したプロのスタッフがより健康に生きるためのプログラムを作成して、それに基づいて毎日の生活を送ります。
例えば筋力が衰えないように足を使った簡単なゲームを考えてくれることもあります。

さらに、脳を活性化するためにジグソーパズルやクロスワードなども行うでしょう。

加えて、季節ごとにイベントが催されたりしますし、お天気のいい日には近くの公園に行ってお弁当を食べることもあるでしょう。桜の時期にみんなでお弁当を食べるのは最高です。


老人ホームと言うと暗いイメージを持つご年配の方がおられますが、最近はホテル並みにきれいで待遇が良いところがありますので、ぜひ一度家族と一緒に見学に行ってみましょう。

NAVERまとめの欲しい情報が手に入りました。